2020年01月14日

退職金3千万円もらえるのか!?

 仏紙フィガロは13日、日産自動車と仏自動車大手ルノー前会長でレバノンに逃亡しているカルロス・ゴーン被告(65)が、ルノーに対して退職金約25万ユーロ(約3千万円)の支払いを求める訴えをフランスの労働裁判所に起こした、と報じた。前会長は年額約77万ユーロ(約9400万円)の年金の支払いも同社に要求している。

 ルノーは昨年1月のゴーン前会長の退職に際し、日本で逮捕され、職務を遂行できなかったことなどからルノー株約38万株(約19億円相当)などの支給を取りやめると決定していた。ゴーン前会長によると、退職後に毎年受け取れる年金約77万ユーロも支給されていないという。

参照⇒朝日新聞社
posted by 緊急経済対策委員会 at 17:26| 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする